エクステプチ知識♪ケアの方法、自分で付ける方法、エクステの種類

そもそもエクステとは?

エクステって何?

エクステは「付け毛」と言う意味のファッション用語です。エクステンション(英:extension)の略で、直訳すると「拡張、拡大」と言う意味になります。
人毛や人工毛(ファイバー、アクリル)を束ねて作られた付け毛を自分の髪の毛につけて髪形を変えて楽しむファッションアイテムです。

エクステには髪の毛に着ける「ヘアーエクステ」やまつ毛につける「まつげエクステ」などがありますが、
当サイトでは髪の毛につける
「ヘアーエクステ」についてご紹介します。



エクステを装着する事によってカンタンにロングヘアーにできたり毛量を増やすことが可能で、気軽にイメージチェンジできるアイテムとして、10代〜20代をはじめ、たくさんの人達の間で流行しています。

男性向けエクステ

まだまだマイナーではありますが、男性のエクステも近年増え始めてきています。テレビやファッション雑誌などでも紹介されています。男性の場合は長さを出すより、アクセントとして(メッシュなど)やボリュームを持たせるためにエクステを利用すという形が多いようです。

「エクステ=女性がするもの」と言うイメージが大きいかもしれませんが、これからエクステは男性にとっても主流なファッションアイテムになっていくでしょう。

エクステとウィッグって違うの?

気軽に髪型を変えることができるアイテム「エクステ」と「ウィッグ」。普段なんとなく使い分けてみてるけど、実は「エクステとウィッグの違いがわからない」って方も多いのでは無いでしょうか。
では、この2つがどう違うのかを簡単にご説明します。

エクステとは

エクステは自分の毛に編み込んだりして装着する毛です。
着脱には手間が掛かりますが、地毛に編みこんでいるので髪に馴染んで自然に見えます。

ウィッグとは

ウィッグはかつらと同様で、かぶせる用に装着する毛です。
こちらは簡単に着脱ができます。
ヘアスタイル全体を変える為にかぶるウィッグをはじめ、部分的にボリュームを出したり、アクセントを付けるための「部分用ウィッグ」など、いろんな種類があります。

こんな時にエクステしようと思いました!

ヘアアレンジ

普段使いから特別な行事に向けてまで、様々な場面で活躍する「エクステ」。みんながエクステをしようと思うのはこんな時が多いようです。

すぐにイメチェンしたい

ヘアスタイルを変えることってイメージチェンジになりますよね。
髪をロング→ミディアム・ショートにするには、切ればできます。でも、ミディアム・ショート→ロングにしたいと思った時に髪はいきなり伸びてくれません。
そこでエクステを使うと、憧れのロングヘアにすぐになれる!お気軽にイメチェンできる方法の1つとして流行しています。

髪を切りすぎた!

思い切って髪をバッサリ切ってイメチェンをしようと思い美容院へ☆
きっと似合うと出来上がりに想像が膨らみます。しかし、出来上がった姿を見て「思ってたのと違う!」「希望より切られた!」なんて事になっても、切ってしまった髪はそう簡単に伸びません。
「髪が伸びるまで待てない。。。」
そんな時にエクステを付けると、地毛が伸びるのを待たずにロングヘアーになる事ができます。カットに失敗して憂鬱な気分ともサヨナラ♪

成人式、卒業式などの式典に向けて

せっかくの晴れ着を着る時、髪の毛も華やかにしますよね。だけど、希望のヘアセットには髪の長さや量が足りない。せっかくの機会なのに髪型が決まらなくて憂鬱なんて嫌ですよね。
「どうしてもロングヘアのアレンジがしたい!」
そんな時にエクステを付ける事で、毛の長さや量を調節して思いどおりのヘアスタイルにします。
自分には無理なセットだと思っていたものができるようになるのが便利ですね!

エクステってどうやったら着けれるの?

エクステは美容院やエクステ専門店で着けるものから、自分でできるものまで様々。美容院・専門店ではスタッフの人に本数・イメージなどを指定し、装着してもらう形になります。
  • 外れないようにしっかり着けてもらいたい
  • 装着後のヘアスタイルを整えてもらいたい
お店で着けてもらうエクステは自分で取り外しが困難なタイプが多いです。
ケアをしっかり行ってキレイに長持ちさせましょう。

自分で装着するエクステは、雑貨屋さんや通販などで購入可能です。
  • その日の気分によって付け替えたい
  • 似合うかどうかお試しにやってみたい
  • お店に行くのが面倒
  • お金を節約したいけど、エクステもしたい!
そんな方は自分でやってみる方法がオススメ☆

↓エクステ通販についてはこちらのページをご覧ください↓

エクステ通販 詳しくはこちら